• 鬼の舌震い

鬼の舌震い

『出雲国風土記』にも記述のある神話の舞台。

この地には玉日姫という美しい姫がいたといわれ、姫に恋をした日本海のワニ(=サメ)が夜な夜な通ってきたのですが、姫がそれを嫌がり大岩で川をせき止めてしまいました。

「ワニが慕ぶる(慕った)」が訛って現在の「鬼の舌震い」になったと伝えられています。

 駐車場から歩いてすぐに「舌震の“恋”吊橋」があり、45mの高さから渓谷を見降ろすことができます。

紅葉スポットとしても知られ、県内外から多くの人が訪れます。

場所 仁多郡奥出雲町三成宇根1417-6
お問い合わせ
営業時間
WEBサイト
More