雲南市木次町

前のページへ戻る
日本さくら名所100選の「斐伊川堤防桜並木」沿いの老舗旅館。
石造りの露天風呂や家族風呂などがあり、日帰り入浴もできる。
日帰り温泉施設。8種類の浴槽のほか温泉プールもある。
体験農園と農作業体験宿泊施設「かやぶき屋根の家」などを利用しながら、四季折々の農業体験ができる。
出雲七福神のひとつ、恵比須天を祀っている。
須佐之男命がヤマタノオロチを退治した時、八つの頭をこの地に埋め、その上に八本の杉を植えたと伝えられている。
木次町と吉田町の境の斐伊川にある淵で、出雲神話の中に出てくるヤマタノオロチが住んでいたとされる。
町の中央に位置する標高95メートルの高台で、桜トンネル、斐伊川、中国山地の山々などが一望できる。
昭和初期より斐伊川土手に桜が植栽され、平成2年には「日本さくら名所百選」に認定された。
斐伊川中流部に作られた日本庭園。
高台にある森林公園。テニスコートなどさまざまなアウトドアレジャーが充実
四季折々の奥出雲の風景を見ながらランチが楽しめる。
和・洋・中華・仕出し等何でもありの店。
奥出雲産のコシヒカリ、新鮮で美味しい日本海の魚介類を使って、頑固な職人が旨くて安い寿司を心を込めて握る。
鮮やかな色合いときめ細やかな「霜降り肉」、深いコクと風味豊かな味わいが特徴の島根ブランド牛。
秋から冬にかけての期間限定品。白雪の中に梅のつぼみを思い起こさせる白羊羹。
さくらの名所ならではの桜の花を練り込んだコシの強い麺。
口当たりのよい淡白な味で、飲み飽きない酒として高い評価を得ている。
木次の桜の花びらを使った羊羹「さくらの里」
雲南市産の柚子を使い、ほのかな甘さと酸味が人気。
アゴの滋味と酒の香り、ふんわりとしたやわらかい口ざわりが自慢。
鶏の有精卵黄をたっぷり使用したプレミアムアイスクリーム。
料理バラエティー番組「どっちの料理ショー」でも取り上げられたチーズ
自然豊かな奥出雲で飼育された健康な牛から搾った新鮮な牛乳。
奥出雲の豊かな自然の中で、低農薬のぶどう栽培から、ワイン作り、販売まで手がけている。
厳選された有機栽培そばの実を原料として、昔ながらの石臼挽きで自家製粉した本格的な6割そば。
〒693-0021 島根県出雲市塩冶町223-7
TEL:0853-22-9343 FAX:0853-22-6498
E-mail: